43歳女性の不妊鍼灸 体外受精採卵13回移植12回で念願の妊娠

43歳女性の不妊鍼灸 体外受精採卵13回移植12回で念願の妊娠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでの経緯

東京のレディースクリニックで治療をされていたNさんは,卵管の閉塞やフーナーテストの不良から体外受精をされることになりました。これまで2年の間に採卵8回,移植を5回試みていたのですが1度心拍確認までいけたものの成績はかなり悪いです。採卵自体も回数を重ねていってもだんだん胚盤胞まで到達しなくなっていました。「元気な卵子が採卵できるようになりたい,また卵子を戻したときにきちんと着床できるようになりたい」というご希望です。

流産後から成熟卵が採れにくくなっていることと,胚盤胞凍結までできなくなっていることから妊娠力(腎気)の低下がじゅうぶん考えられます。したがって妊娠力の回復と,血液とからだの元気を養うための胃腸の働きを整えることからはじめます。もちろん病院での治療スケジュールにも沿って行きます。

不妊鍼灸で治療スタート

1周期目

今周期は何もないのですが来月の採卵に備えての準備です。当院のを選択していただきました。今まで連続して採卵と移植を続けてきたので生殖や妊娠する力も全身の状態も消耗しているのがわかります。結局この周期は月経周期が34日かかりました。通常は28~35日と長い方なのですが今周期も長めでした。

採卵コースが気になる方

2周期目

採卵の周期に入りました。当院の採卵コースは前周期の後半から開始して採卵日までのまるまる1周期ロングコースです。月経6日目の来院でした。卵巣の刺激方法は月経3日目からのクロミッド10日間服用です。月経14日目に採卵となり3個採れてうち2個が胚盤胞で凍結することができました。しばらく採卵がうまくいってなかったので喜んでいただけました。

3周期目

移植の周期となりを選択していただきました。月経13日目になっても卵胞が確認できず,20日目でやっとスプレキュアをすることになりました。25日目の来院で骨盤内の血流をよくしておき28日目の移植となりました。デュファストンの服用を続けながら1週間後の判定を待ちました。結果はhcgが8で着床したようだが(-)となり生理がくるのを待つことになりました。結局移植してから16日後に生理が来ました。
着床コースが気になる方

5周期目

1周期お休みして残り凍結胚が1つあるので,今周期は採卵と移植をするドミノになりました。クロミッドを使わず自然周期でおこなうことになったので採卵はどうかなぁ…と思いました。13日目の診察で14ミリの卵胞が1つ見えたのですが17日目に採卵して空胞でした。移植は22日目におこない,移植直後から生理前に似た症状があって結局判定は(-)でした。

6周期目

今周期採卵となりました。12日目の診察で3個確認できました。15日目の採卵で成熟卵が3個採れたのですが精子の状態がよくなく顕微受精となりました。しかし分割のほうは順調で通常時間での胚盤胞となりました。もしこれでダメなら神奈川県内の病院へ転院を考えているとのことです。

7周期目

移植周期となりました。14日目の診察で15ミリの卵胞が見えて21日目の移植となりました。結果は(-)。

8周期目

愛育レディースクリニック(大和市)への転院となりました。選んだ理由はシート法をおこなっているからとのことです。月経3日目からクロミッドの服用プラス1日おきの注射となりました。AMHが低いとのことですが11日目に右に2個と左に7個の卵胞が確認できました。採卵は麻酔のため前日の夜9時から水も飲むことができず,採卵後は1週間以内に受精確認と卵巣の腫れをチェックするとのことでした。13日目に8個採卵でき8個とも受精できましたが胚盤胞まで育って凍結できたのは2個だけでした。

9周期目

卵巣が腫れているのと子宮内膜の厚さが足りないということで移植は中止となり人工授精をするにとどまりました。

10周期目

移植周期となりました。ジュリナ服用とエストラーナテープで内膜の再生を助けます。10日目の診察で5ミリしかなかったのでテープが追加になりました。21日目にシート法をおこないこの時は厚さ8.9ミリになっていました。ジュリナとエストラーナテープにプロゲステロン錠が追加になりました。23日目に5BCを移植となり9日後の判定となりましたが(-)でした。

12周期目

前周期は内膜が厚くならず再び今周期移植となりました。ジュリナとエストラーナテープ2枚でスタートしましたが,9日目で10ミリの卵胞と内膜が5ミリしかないのでテープが1枚追加になりました。15日目には7.8ミリまで厚くなっていましたがさらにテープが追加になり4枚となりました。18日目にシート法をおこない内膜が8.4ミリになっていましたが10ミリの卵胞はそのままのようです。20日目に3BCを移植しましたが解凍中に5BCまで成長していました。テープがもう1枚追加になりましたが9日後の判定は(-)でした。

14周期目

前周期はお休みして再びをされることになりました。今周期はアンタゴニスト法での卵巣刺激になりました。9日目の診察で右に4個と左に5個見えて大きいもので17~18ミリになっていました。9と10日目に排卵抑制の自己注射をして13日目に採卵となりました。4個採卵して正常受精が確認できたのは3BC,5BC,3CCの3個でした。

15周期目

卵巣も問題ないということで移植となりました。再びでのチャレンジですが日程的に年末にかかりそうなのでスケジュール的にもきつきつでした。ジュリナとエストラーナテープ1枚でスタートですが10日目で内膜は6.4ミリ。テープが1枚追加になり18日目に厚さが8.2ミリとなりシート法を行ないました。21日目の移植では5BCが解凍で4BCになり内膜は9.2ミリまで厚くなっていました。

そして年が明けての判定は(+)。実に2年ぶりの陽性判定でした。
その後頭痛と便秘で少しつらそうでしたが,1週間ごとに来院していただき10週で無事に卒業となりました。

終わって

はじめはコツコツ採卵もできていたのですが,流産をかわきりに妊娠力が消耗していったのは明らかでした。を2回受けていますが,特に採卵コースが効果的で最後の着床コースで妊娠できたので両コースとも年齢の高い女性にも効果があると実感することができました。

採卵コースが気になる方 着床コースが気になる方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

卵巣機能が低下していても妊娠できる卵を得るために

 妊娠にするためにはまず元気な卵子を手に入れることです。
 ○年齢が高く気になる
 ○卵巣機能の低下
 ○未成熟卵や胚盤胞まで育たない
 ○流産で力が消耗している
など,そんなときこそ焦らず卵巣機能の再アップを図らなくてはなりません。
 神奈川県藤沢市の不妊専門鍼灸院Saras湘南はそんな女性のために『卵子を採りにいくためのコース』をご用意してあります。本HPで詳しくご説明していますので,下記ボタンよりぜひご覧いただくようお待ちしております。


元気なたまごちゃん

コメントを残す

*