不妊治療 誰でもできそうな3つの妊活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 不妊治療における鍼灸施術は,妊娠に至るまでのからだの中で起こる複雑な流れを微調整するほか土台作りにも効果があると思われます。ただしからだの土台作りに関しては毎日の積み重ねが重要で,これはご自身の努力指数にゆだねられるような気がします。ここではぜひご自身でやっていただきたいことの中から,これくらいはできなきゃというものをご紹介いたします。

お茶

 食生活を見直すところなら手をつけやすいと思いますが,その中でもお茶なんかはとくに入りやすいはずです。

ベースは黒豆茶

 私は施術後にお出しするお茶にいつも黒豆茶にしています。とくに高価なものではなく近くの食料品スーパーで手に入るものです。ルイボスティーやたんぽぽ茶など妊活されている方によいとされているお茶はいくつかあるのですが,その中からこの黒豆茶にたどり着きました。
 食事に関しては旬の食材を追っかけていただければ間違いないのですが,できれば1日の食事の中に一品でよいから色の黒いものを摂りいれてほしいとお話ししています。
 不妊治療をされている方に不妊鍼灸をするのですが,まず第一に五臓の中の「腎」の働きを重点的にみます。この腎はいまでいう腎臓とは少し違い生命の誕生や生殖,性ホルモンに関係しているものと考えられています。つまりその方の腎にどれだけの力があるのか残っているのかをみるわけです。そしてこの腎は色の黒いものとかかわりが深く,とくに黒い食べ物を大好物としています。色の黒い食べ物というと黒豆のほか黒ごまやわかめのような海藻,のり,いか(身は白いですが墨を吐くので…食べるのは白い身で結構です)などが挙げられますが黒豆茶が簡単に取り入れやすいかなと思います。

夏ははとむぎ茶

 気温と湿度が高くなり蒸し暑くなる夏は,胃の働きが弱くなるところからはじまりだるさや疲れが抜けにくくなります。この時期は黒豆茶からはとむぎ茶へ切り替えるようにしています。
 もともと日本人は胃の弱い民族でもあります。胃のはたらきの一つに食べ物の消化があります。胃のはたらきが弱ってくると食べ物を消化することができず,せっかくの栄養をとりだして卵巣や子宮に送ることができません。また胃が消化をするにあたってからだは血液を全身から胃に向かって送り,そして胃に集まった血液は再び全身に向かわせるようにします。すなわち胃は全身の血液循環の一因をかっているのです。ですからからだの血流の悪さが気になる方は胃をいたわる食事をきちんととることも効果があると考えられます。胃のもう一つのはたらきにからだの水分代謝があり,胃のはたらきの低下がからだのむくみや重だるさを生じやすくなります。からだは常にフレッシュな水分を求めていて,きれいな水をからだの中に入れるには汚れた古い水を排出しなければなりません。古い水をいつまでも溜め込んでいるとドロドロとしたラードのようになってしまい排出しにくくなってしまいます。
 はとむぎには胃のはたらきを整える効果があり,またむくみやみずいぼなどに使われることからからだの中の過剰な水分をさばくはたらきがあります。はとむぎをお茶にして飲むことが取り入れやすいと思いますが,味があまり感じられないので少し苦手に感じたときは麦茶などに切り替えるのもよいでしょう。

ストレッチ

 運動する習慣のない方や出不精の方がおうちの中でできることとしたら,これかなぁ…。とくに腰やおしり,ふともものストレッチはしてほしいものです。心臓から出た血液は上半身と下半身の二手に分かれて流れていきます。血管は筋肉のそばやその間を走っていることが多いのですが,その筋肉がこり固まってしまうと血管を締めつけてしまい血流の低下が考えられます。腰やおしりのやわらかさがなくなると,足先に向かう血流だけでなく骨盤内に向かう血流も悪くなります。
 1日30分でもいいからストレッチをして筋肉をやわらかくしておきましょう。またタイミングをとった後や人工授精AIHをした後は,安静にしているよりもストレッチなどをしてからだを動かすほうがおすすめです。排卵を促して精子と出会う確率が高くなるような気がします。それから子宮にやってくるまで1週間近くあるのでしっかりやっておきましょう。

ウォーキング

 これが一番よいのでしょうね。全身の血液循環がよくなるだけでなく肺呼吸が高まるので酸素をいっぱい取り込めることができます。
 人間のからだには気のエネルギーが流れていて,その気が消耗したり巡りが悪くなるとからだが失調すると考えられています。気は食物から摂ることができるほか天からも得ることができます。すなわちからだを動かして肺呼吸を高めることで天からの気を取り込みやすくなります。
 仕事の行き帰りや買い物ついでのウォーキングでもよいのですが,できたら1日30分くらいの時間を作ってしっかりできればよいのですが…。難しい方はお部屋の中で踏み台昇降運動にするのも同様な効果が得られるはずです。ただし集合住宅など下の階にドスンドスンしてしまうことに注意しましょう。

まとめ

  • 食生活の見直しを。まずは簡単なお茶から
  • 例えばベースに黒豆茶,胃をいたわる意味ではとむぎ茶など
  • できるだけ下半身を意識した毎日のストレッチを
  • タイミングや人工授精AIH後の1週間はストレッチが効果あり
  • 1日30分のウォーキングを。無理そうならお部屋でテレビを見ながら踏み台昇降運動を

無料カウンセリングも承ります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*