藤沢市不妊専門鍼灸院の1時間無料相談で問題の解決策を探す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊治療を受けているが何か自分でもできることをさがしたい…

 私は湘南藤沢方面でおもに不妊治療をされている方や近隣のクリニックに通院されている方からの相談をよく受けています。ドクターに対して聞きにくいと思っていたり,つい言いそびれてしまったという方が多いです。またお話しをしているうえで「ああ,そういうことだったのか」と気付いていただけるときもあります。

 不妊治療は患者さんとドクターとの二人三脚になります。しかし専門的な医学知識やまた専門外なこと,今まで気づかなかったことや疑問点などが治療を進めていくといろいろでてきます。そんなとき第三者の違った角度から見る目によって,ひょっとしたら…というヒントのようなものをつかめるときもあります。

  • 病院での治療は進めているのだが自分でもできることは何かないか?
  • 指摘されてはじめて気づかされることもある
  • ネットや人のブログによさそうなことが書いてあるが自分に似合っているのか?
  • やろうと思っていてもできなかったが相談したことではじめるきっかけになった

不妊治療での悩みや気になることを自分の中であげてみよう

 不妊治療の難しいところは「あなたにはこの方法がベストで,これをすれば必ず妊娠できますよ」とはっきりしたものがないところです。さらに自分の中で気にしていることや問題点が整理できていない方も多くいらっしゃいます。
 当院は問診票の記入事項の中に「妊娠に向けて治療したい,ここを強化したい所があれば教えてください」があります。実際にご記入いただいた中に,一部ですが以下のようなものがありました。

  • 低温期と高温期をはっきりさせたい
  • 高温期の体温をあげたい
  • 夫婦生活のタイミングであわせるには
  • 自力で排卵したい
  • 卵子の質のこと
  • 卵子が採れない
  • 子宮内膜を厚くしたい
  • 着床できるようにしたい
  • 陽性判定が欲しい
  • まともな卵子をつくる環境を整えたい
  • 人工授精を成功させたい

 また「(妊娠以外の)ことで体調面で気になること」という記入項目もあります。

  • 疲れやすい
  • 睡眠の質が悪い気がする
  • なかなか太れない
  • 体重
  • 冷え

…など,直接妊娠にかかわる話ではありませんが,解決につながるヒントが生まれることがあります。
 
 まず治療を進めているうえで疑問に思うこと,不安なことやここをしっかり強くやりたいなどあるとおもうので一つ一つ上げてみましょう。

無料カウンセリングの流れ

 毎週日曜日や祝日を無料カウンセリングの日に当てていますが,平日の予約が空いている時間でご案内することもできます。

  1. 下のお問い合わせフォームからメール,またはお電話でご予約いただきます。
  2. できるだけ直接ご来院していただいてのご相談となります。
  3. 遠方の方はメール対応いたします。
  4. ご来院いただいてから問診票に必要事項をご記入いただきます。
  5. カウンセリングをはじめます。とくに決めていませんが時間は60分を少し超えるくらいかけています。

 これまでの治療の経過と今後の治療の進み方を伺ったうえで,あなたが特にここをしっかりしたいこと,それに対して鍼灸でできることと当院でできることをご提案させていただきます。
 お一人でいらっしゃる場合が多いのですが,ご主人が付き添われる方もいます。またご来院していただき向かい合ってお話しを伺いたいのですが,遠方の方にはメールで伺うこともしています。

当院のカウンセリングの特徴

 当院はカウンセリングまたは施術をするうえでもっとも重要に考えていることは「患者さんの意思と自己決定,ドクターの見解,病院の設備と治療方針」です。この3つのバランスは絶対崩してはいけないので,当院の立ち位置はこの三角形の外側にあると考えています。人工授精から体外受精へのステップアップというようなドクターと患者さんが相談して決める治療方針などに対して口をはさむような行為はなく,あくまでも患者さんの自己決定とそれに対して鍼灸師としてどんなことがしてあげられるのかを一緒になって考えていきます。
 また先に述べた「妊娠に向けてここを強化したい」を第一に,ほとんどここの部分に関することに時間を費やしています。治療の経過と今後の進み方と(妊娠以外での)体調面でもっとも気になることは伺いますが,体質のことなど細々としたことは施術をしていきながら必要だと思ったことしか伺わないようにしています。
 妊娠に向けての大事なことは「自分はこのことが気になる,だからそれをこういうようにできないか」と気付いてもらうことです。アドバイスすることも大事ですが,不妊治療のカウンセリングは自分の中の問題点とそれに対する解決策に気づいてもらうことが大切なのです。

まとめ

  • 違った角度から見つめる目で新しいヒントのようなものを得ることができる
  • 患者さんとドクター,病院の三角形のバランスが必要。鍼灸師はその外側からみています
  • できる限り来院していただきお話しを伺いたい
  • まず自分の中の気にしていることや不安なことを整理してみる
  • その問題点と解決策にできるだけはやく気づいてもらう

お問い合わせ


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*